神代工務店の安心保障☆

 神代工務店ではお客様に安心と信頼をして頂くための保証制度を設けています。

保険期間中に瑕疵が発生したら、たとえ工務店が無くなっていたとしても補修等の保険金の支払いを受けることができるというものです。

詳しい内容は以下に抜粋しております。

ご不明な点はお気軽にお問合せ下さい。

住宅瑕疵担保履行法

 新築住宅を取得する方に大きな安心となる法律が施行されました。「住宅瑕疵担保履行法」です。
 2009年10月1日以降に引き渡されるすべての新築住宅には、住宅を供給する事業者が「保険加入」か「保証金の供託」によって、資力の確保をしなければならなくなりました。保険の場合は、万が一、住宅を供給する事業者が倒産してしまった場合でも、最大2000万円までの補修費用が保険法人から受けられます。
 これまでも、「住宅の品質確保の促進等に関する法律」において、新築住宅を供給する事業者は、住宅のなかでも特に重要な部分である『構造耐力上主要な部分(柱や梁、基礎など)』および『雨水の浸入(雨漏りなど)を防止する部分』の瑕疵に対して10年間の瑕疵担保責任を負わなければならない、としていました。しかし、資力確保の方法が定められていなかったため、住宅を供給した事業者が倒産してしまった場合はどうしたらいいのか・・・それが、住宅を取得する際の大きな心配事のひとつとなっていました。
 そこで、瑕疵の補修等が確実に行われるよう、「保険加入」か「保証金の供託」で資力確保をしようとするのが、住宅瑕疵担保履行法です。
 保険に加入している新築住宅でトラブルが起きた場合は、消費者保護の観点から住宅専門の紛争処理を受けることができます。

 

財団法人 住宅保証機構は「まもりすまい保険」「地盤保証制度」「完成保証制度」「既存住宅保証制度」など安心と信頼の家づくりを保証する公正中立な検査及び評価をしている第三者機関です。

住宅を長持ちさせるためには建物を強くする意外に基礎が地盤の状況にあっているかを確かめる必要があります。地盤にあった基礎工事や、軟弱地盤の場合には別途費用で地盤改良工事が必要となります。そのため事前に地盤調査を行い、改良が必要か?この地盤にあった基礎の形状はどうなのか?などを御調べいたします。

住宅をしっかりと支えるための基礎工事ですが、コンクリートと鉄筋の太さや配置の間隔などが重要です。その配筋の間隔や太さが図面通りに組まれているかなどを厳しくチェック致します。

主要構造部分、柱や桁が図面どおりにちゃんと配置されているか?、耐力壁、構造用金物がしっかり取りつけてあるか?木材の含水率は適正値になっているか?など厳しくチェック致します。

1 地盤保証の流れ

2 まもりすまい保険